• <bdo id="ua2gc"></bdo>
  • <xmp id="ua2gc"><bdo id="ua2gc"></bdo>
  • <optgroup id="ua2gc"><samp id="ua2gc"></samp></optgroup>
  • CALUX法のメリット MERIT

    株式会社日吉のCALUX法はダイオキシン類の測定濃度範囲も機器分析法と同等レベルにあるのに加え、以下のような特徴があります。

    CALUX法の5つのメリット

    メリット1

    高精度、少量の試料でより確実な分析が可能

    定量下限値0.19pgTEQ/wellと大変高感度であるため、ばいじん等の固形試料、水等の液体試料、排出ガス等の気体など、少量の試料でより確実な分析が可能です。

    CALUX法の精度

    メリット2

    分析費用を抑えることが可能

    HRGC/MS法のような高価な分析機器を必要とせず、また、硫酸シリカゲルカラム/活性炭カラムを用いた独自の抽出?精製方法により分析工程を大幅に短縮し、分析費用を抑えられます。

    分析費用

    メリット3

    分析時間が短い

    HRGC/MS法では、抽出から分析までの操作が非常に複雑であり、結果を得るまでに非常に時間がかかります。CALUX法は用いる細胞が高感度であり、独自の前処理方法により、分析時間を飛躍的に短くできました。

    メリット4

    仕組みや操作が簡単

    HRGC/MS法のような複雑な機器を用いず、また硫酸シリカゲルカラム/活性炭カラムを用いた独自の抽出?精製方法により、前処理方法を簡便化した方法です。CALUX法の詳しい仕組みについては、「生物検定法の特徴と種類」のページにて詳しい情報を掲載しています。

    生物検定法の特徴と種類

    メリット5

    信頼あるスクリーニングシステム

    CALUX法とHRGC/MS法には、高い相関関係があります。またCALUX法による分析値の方がHRGC/MS法よりも若干高いため、汚染度合いを過小評価する危険性が少なく、バイオセンサーとして優れていることが証明され、信頼あるスクリーニングシステムとして利用できます。
    スクリーニング手法としての利用方法については「ご利用提案」にて詳しく掲載しています。

    ご利用提案

    CALUX法とHRGC/MS法の相関グラフ

    環境試料相関グラフ、生体脂肪試料相関グラフ、魚介類試料相関グラフをPDFファイルでご覧いただけます。

    CALUX法とHRGC/MS法の相関グラフ

    ダイオキシン類以外の分析?測定もおまかせください

    日吉サイトへ
    • 栄養成分
    • 水道水?飲料水
    • 放射能
    • 残留農薬
    • 金属
    • 清涼飲料水?ミネラルウォーター類
    • 食品添加物
    • おもちゃ規格
    • 米の品種判定
    • レジオネラ属菌
    • 食中毒予防
    • ペットフード
    • 水質?底質?土壌
    • 大気
    • 騒音?振動
    • 作業環境
    • 建築物空気環境
    • 悪臭
    • 絶縁油PCB
    • 廃棄物
    • アスベスト分析
    • シックハウス分析
    • 土壌汚染対策
    • 浴槽水、プール水

    言語を選択

    日本語 日本語 English English 简体中文 简体中文 繁體中文 繁體中文